ビリケンさん

所蔵品紹介
弊館には様々なバージョンが展示されています。 画像はその一部です。

世界的に有名なラッキーゴッド(福の神)ビリケンさん。

1908年(明治41年)にアメリカの女流彫刻家フローレンス・プリッツ(E.I.ホースマン)

が夢でみた奇怪な姿の「神」を作品にして、折しも開催されたシカゴの展覧会に出展。 

「足の裏を掻いて笑う」と願いがかなう、と評判になり、やがて世界中に広がった

不思議な「神様」なのです。

1909年(明治42年)には日本各地の花街を中心に「家内和合」「商売繁盛」の神様

として流行。 大阪の新世界に初代ビリケンが登場したのは1912年(明治45年)。

この初代ビリケンは1923年の展示場閉鎖とともに行方不明に。 現在大阪で見ること

ができるのは3代目です。

駄菓子屋の夢博物館所蔵のビリケンは、初期流行期のものが複数あります。

贋作と見分けるために、当時のものにはその年代のコインが底に埋め込まれています。

「願掛けをする」需要は世界中にあるんですね。

st.Louis Post-Dispatch紙 1909/11/7

タイトルとURLをコピーしました